2017年10月13日

努力の人にして

一度は、私が参加したパーティーで司会者に男の子:あなたは大きくなったら、どんな人ですか。子供は私達のこれらの企業家を見てみて、そして:企業家を作って、企業をします。居合わせた人が颯と笑って奮い起こした。私も拍手をしましたが、気持ちが悪いとは。私は、この子は企業についてどのくらい知っていますか?彼は私たちの面では、企業家のためになることを言っていますか?彼は大人の影響を受けたと思って、起業家の風光は、金持ちの人こそが、企業家のですか?

これはもちろん謎だ。ともあれ、人としての人生誌と思って何が重要ではない;誰が、最も重要なのは幼い頃からを誌望する努力の人。

私が子供の頃に聞いたことがあった人も同じような問題は、私の回答にほかならない教師と科学者とか、解放軍。時間があっという間に過ぎてから20年、当時の子、今は四十の大人。しかし、よく考えてみると、私は大人たちの前には、以前は、私は、実際には実現していません。私の身の回りの他の人は同様にこのようにしていません。教師になりたくて、後に個人的になります;解放軍になりたくて、人は結局囚人になりました。私が大学の時に2つの同窓の親友で、彼らは今すべては我が国の電子業界では才能のある人は、私たち3人が、期せずしてカラーテレビの基幹企業の経営者になって、しかしその年大学を卒業した時、どんなにの想像力を、私たちも考えなかった十数年後に今の様子。すべては私たちの奮闘の中で泣く子も口に物食うを一歩一歩、努力の。私たちは理想の人と言うより、私たちはずっと努力の人です。

私たちの理想を重視しないわけではないからではなく、木の偉大な誌易、理想努力難しくて、人生は昔からそう。十年前のきょう、街は彷徨う、生きることを生きる人って思ったのは誰?その時の私、すべて、前途は覚束ないて、本当に道はどこにあるか分からない。しかし、私はしない失望落胆、思い出して、私を支えて歩いたこの段のでこぼこ歳月のはちょうど私の意誌で品格。多くの人がもうだめだと思って、それはだめになった時、私はまだしている地上から起きることに登っての努力と私は信じて、人生はマラドーナキックは、往々にして倒れそうでうとした時、「ゴール」の受賞生気。事実がそうなら、山重水复疑無路」の時に、香港の企業の倒産は私に再起の機会を私がマスター世界最新技術のイギリス科学技術者と協力して、開発技術の先進的なカラーテレビ、それから一挙に出て困境。

「努力」と「持つ」は、人生と左一に右にある2道の風景だという人がいる。しかし、人生最も美しいと思うのは、努力すべきだと思う。努力は人生の精神状態であり、生命の1種に対する赤子の情である。努力は親、努力は努力の子。殆としては殆大路にローマを通じて。だから、自分というより規定になろうとどのような人物を獲得し、何より、自分を磨く努力の人にして。誌を高く、努力していないで、誌を守る終難しい;遠大目標ため、努力奮闘の方向を見つけると、きっと。努力の人、人生というのは実際の目標、人生最大の境界だと言える人は、人生最大の境界である。

たくさんの人が自分の目標が高太功利難いから、成功のためにホコリ、最終的に失望落胆。その原因は、常に注目され、努力のために努力の人を無視しているということです。今の子供たちに、注目し彼らだけなら将来どのような人物を意誌の品質として人間としての目標を掲げ、最終的に私たちしか培われない狭い、利己的で、脆弱と境界の高くない人。遺憾のは、私たちはこの方面では、うまくいかないと思っている。


タグ :努力して

同じカテゴリー(生活)の記事
 春は暗い (2017-10-07 15:23)
 道中の生活を (2017-09-15 11:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。