2017年09月15日

道中の生活を

生活はずっと道で、私達はすべてて前へ進んでいて、しかし同人取得違う業績だと思うので、それぞれの方向によっては、ある人が言ったように、心が思わぬところで、遠くは届かない!

私は本を読むのが好きで、かつてある本でこんな話は:唐の太宗の貞観の年間、右腕とロバが、それらは良い友達。Zhenguan三年、この馬は玄弉选され、インドへ取りに行く。じゅうななじゅうしち年後、この馬を載せて仏経に長安工場が会見その友達ロバ。老馬と今回旅の経験:渺茫とした砂漠、雲に聳える山、熱い火山、不思議な波……神話の境界は、ロバに大きな驚異を聞く。ロバは道:「どんなに豊かな見聞を持っているのか」と感嘆している!あんな遠い道、私は想像もできなかった。」馬さんは「実は、私たちの距離は大体同じを乗り越え、私インドへ進むとき、あなたも時は立ち止まる。と違うのは、私と玄弉大師が遠い目標によって、一貫した方向に入ったので、私達は広大な世界。あなたの蒙目され、ずっと臼のなかで、ぐるぐる回って、だからずっと歩いて狭い天地も出ない……」馬とロバの最大の差は目標の違いにある、最終的に異なった結果を招いた。

ある人は決め将来どのようになるまでは夜はちじゅう時この時間を利用して、もしあなたはこれらの時間が自分の分野の知識を勉強し、5年後のあなたは、専門家は、もしあなたは学習のコンピュータ、あなたは5年後にコンピュータの達人で、もしあなたは英語の勉強をして、あなたはこの言語に精通している。しかしもしあなたはゲームをして、あなたはテレビを見て映画を見たり、退屈はぼんやりして、あなたはこれらの時間を無駄にも、平凡な生活を過ぎていた自分を失うことを待って、今日明日の生活。私たちは知らなければならないすべての成功は、必要なのは堅持して、人跡繁ければ山も窪む非一日之功、氷結三尺もなければ、一日の寒。

思想は行動の先駆者、行動は思想が現実の唯一の近道になるのです。私たちはいつもいい勉強し、三人行必ずわが師、まして私達は毎日多くの人の多くが発生しますか?すべての人や事あるごとに価値がある学習の地方を取って、他人の長补己之短、これは成長は、経験。

同じ時間にすべて同じ時間で、異なった結末を得て、あなたは中から何を思っていることができますか?道中の生活は思う存分放浪して、ではなく、より遠くのところへ。我々は良い今日を過ぎて、見上げる未来も必要、心の方向に向かっていけると思って、得達の殿堂!

http://www.tagtt.de/htpow/archive/moment/led_laser_processing_technology-536830

http://zordis.com/michale/p/led-laser-processing-technology/

http://jiujitsulove.com/blog/81072/laser-wool-technology/  
タグ :希望


Posted by michale at 11:16Comments(0)生活

2017年09月12日

どうもありがとう

「静は風になり、風は止まらない、子は育てて、親はしない」ということわざがだんだん召使になっていく。しかし、その感慨と自責は回避できた、お忙しいところさえすれば時間を割いてから常に家に帰って見てみて、たとえ座って親の前には何の言葉に、親の心も甘い。

ある人とでも思っている両親への贈り物と栄養食品、親の健康を持つのは豊かな物質生活は親に孝行した。親が必要なのは、物質的に満足されない、精神的な慰めである。そのため、私達はずっと父の日、母の日、重陽節や感謝祭思い出して親孝行、結局親に感謝は時間の制約を受けるのは、刻々と感謝の心を持っている。

https://www.htpow.com/laser-pointer-tag.html

恩に感じる人誰もが、表現の勇気が足りなくて、そこで、親へのあれ感謝及びその言葉は"私はあなたを愛し」心を隠して。あり甚だしきに至っては親が自分の愛は、生まれつきのは当たり前のことは、責任逃れないで、無条件の施設としてのリターンを望まない。

というわけではないしない親たちを愛し、ただ私たちのいたずらは彼らに無言で時刻合わせて、彼らはやっと選択に私達を教育して是非に及ばない方式。よく考えて、私たちのどの1回病気は彼らに慎重なケアせかせかと忙しくします;私達は小学から高校までのどの回進学試験に影響を及ぼしている彼らの心;私達のどちらが良い成績を獲得した彼らの顔に喜びが私たちに劣ります;私達の勉強する彼らの心は何嘗はのどにするか……どの杭、どの1件、彼らの心をリミックスない心の。私たちに考えて、彼らの心の中はまた何を思っていることを考えて。

http://blog.htpow.com/2017/09/08/advantages-of-uv-lasers/

親は私たちはこんなにも払って、しかし彼らの心の中では子供から何かを得ることは考えていなかった。子供は親の貸し方にあって、ひたすら借金をしている。自分まで子供、分かった「子育てが知らない親の恩」の道理後、両親は白髪になったし、自分も仕事で忙しいため、年老いた親にかまう暇がない。彼らにとって簡単な要求もいつも無数の口実を探し出して、彼らと一緒にできない、最終的に殘っているのは心に深く遺憾。

木高千尺、そして忘れない根。私たちは永遠に忘れないでください、誰が彼のあれの広い背中、厚いの肩をご提供する安全の庇護に頼って;誰があの暖かい抱締め、なめらかに言葉が私たちの健やかな成長。

http://blog.htpow.com/2017/09/08/application-analysis-of-new-generation/

親と子の間の有仇なかったじゃない、一時の不貞悔恨一生。世の中には通れないの、あなたさえ感謝感謝の心、大胆に親に打ち明けることで心に秘めている言葉だろう!しっかり覚えて、お互いを待つことはできないよ!  
タグ :孝道


Posted by michale at 19:01Comments(0)

2017年08月24日

思い、時は急いで

風、雲は雨の守る。もし夢がないなら、待つ時間を待つ。君がいないなら、この熱い心はどのように。

愛情の道の上で、いっしょにでも経験してき坎坎き、喜び悲しみと分け合後、再び原点に戻った。ただ、この度は徹底的に見る、信じることは、愛のある愛のあることを信じることを信じたくない。執ひとつの想いに慌ててもどんな時も、歳月、私は喜んで清守寂しさ、淡過ぎて孤独な人生。

http://lasernzh.blogolink.com/billet/the-characteristics-of-the-laser-84353.html

愛情も1人に飽きさせます。一人も生活できるとは思ってなかったし。かつて私は一人だと思って、彼は更にどのように愛情を信じない、でも愛に行きの能力や勇気だけど、それから自分の徹底的な間違いました、一人で割れた心はまるで鏡、割れた永遠の砕けて、たとえにも、傷だらけ。

http://htpowlasers.blogger.ba/arhiva/2017/08/23

だから人の一生の中に本当の愛の人は多分1つだけ、しかし現実には愛情、生活、そして家族、そして未来だから、多くの人はいずれも生活のためには座礁して愛情、私は馬鹿、甘んじて愛のために置いて生活から、それでも、最後に私は一人。しかし私は、相変わらず執着して、愛情について、私はもう信じても行きたくないで、だから私は一人しかない。

http://lasernzh.eklablog.com/fully-automatic-laser-cutting-a131201570

一人の道、孤単物寂しくて、今の自分は子馬の朝駆け歩いていると、鉛色の空が急に降り出した雨に濡れてしまいましたから、間に合わないの私は、いっそ妥協に一度、それで十分とシャワー、元気は初春、雨はそんなに冷たいけど、心はそれかの冷たい。街の人々は傘をさし慌ただしい歩いているのに、誰一人に止まったか私は、たとえただ振り返って見る目もない。雨水は私の額に伝って私の目に侵入して、私は痛みがほとんど見開いない、この感じはデジャビュ。

http://blogs.montevideo.com.uy/blognoticia_111858_1.html

そうですね!思い出した、その年のある雨の日に私もこんな大雨に降られて、私はあわてて正当に走る時、あなたが現れた、あの時の私たちはただ簡単な同僚が、善良なあなたは雨の中で私は傘を支えましたがその傘、やっと支えて私のあなたに対する思い。年後の今日、私とあなたは最終的に天涯の見知らぬ人になるため。かつてあなたを私は支えたあの傘も知らないその片隅に舎てられて、しかし私は永遠に忘れられないで、あの日は雨の中であなたは私の傘の場合。これからの日は雨に濡れないで、あなたのためには、いつも耳元で。

http://blog.aujourdhui.com/lasernzh/2514565/the-characteristics-of-the-laser.html

しかし今日私はあなたのを忘れました、傘がなくて殘念ですが、この度に人為的に私は傘をさす。しかし私は昔ほど慌てて、私はゆっくりと雨の中歩く、歩くことがとても静かで、とても自然です。ある人は孤独な人は自由で、しかし一人なら自由すぎて、心が妄想かもしれません、私はこうしましょう!昔も今も、私はいつも、多すぎると思って。

http://blog.i.ua/user/8190839/2033129/

もし、私は歳月が静かに、私は年回りつつがない、余後の道、淡い忘れ、忘れてはならない。  
タグ :待つ


Posted by michale at 12:37Comments(0)愛情

2017年08月14日

風に吹かれた物語

桜が咲いた。

らんまんの都市

私たちは木の下の想いを

はいつも親密なの四季

キャンパスの街燈と照れてる影

靑春には靑春の不羈を散財ている

私たちは桜をすべての日に

すべての书声も生え愛慕の羽根

すべての時間を手にする


桜が咲いた。

また卒業シーズン

ここはとても美しい都市です

私たちは木の下の別れを

纏綿の涙と

この花吹雪の風に溶けて

これは私たちの宿命でもない、私たちの宿命です

若者の物語は、風によって分散される運命

桜の花咲くように

この町、この木の下にせかせか動き回るの思い出


桜が咲いた。

またどの季節でも

靑春をしていると

この街の街の街に立っていて

かつての君、私は

私はそれを見た......  
タグ :愛情


Posted by michale at 11:42Comments(0)愛情