2017年08月14日

風に吹かれた物語

桜が咲いた。

らんまんの都市

私たちは木の下の想いを

はいつも親密なの四季

キャンパスの街燈と照れてる影

靑春には靑春の不羈を散財ている

私たちは桜をすべての日に

すべての书声も生え愛慕の羽根

すべての時間を手にする


桜が咲いた。

また卒業シーズン

ここはとても美しい都市です

私たちは木の下の別れを

纏綿の涙と

この花吹雪の風に溶けて

これは私たちの宿命でもない、私たちの宿命です

若者の物語は、風によって分散される運命

桜の花咲くように

この町、この木の下にせかせか動き回るの思い出


桜が咲いた。

またどの季節でも

靑春をしていると

この街の街の街に立っていて

かつての君、私は

私はそれを見た......


タグ :愛情

同じカテゴリー(愛情)の記事
 思い、時は急いで (2017-08-24 12:37)

Posted by michale at 11:42│Comments(0)愛情
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。